スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわぐちかいじの「太陽の黙示録」

太陽の黙示録 vol.17 (17) (ビッグコミックス)太陽の黙示録 vol.17 (17) (ビッグコミックス)
(2008/02)
かわぐち かいじ

商品詳細を見る


かわぐちかいじの「沈黙の艦隊」が昔から大好きで、
何回か読み返してるんだけど、
この人の空想を物語にする力ってすごいなって思う

「太陽の黙示録」は、大震災と富士山噴火で京都大阪神戸が海に沈んで、
日本が分断されたところから始まる物語
本当にそうなったらどうなるんだろう
今の職業のほとんどは続けられなくなるよね
自分は生きていけるだろうか
ましてああやって、8万人の先頭に立って日本を動かせるだろうか

今は「平和」な日本だけど、ある意味そういう危険とは常に隣り合わせなわけで、
いつそういうことが起こってもおかしくない
僕は人間だ
そうなっても生きていかなければならない
人間の作った社会に生かされている動物じゃない
自分で食糧を確保し、自分で家を探し、生きていかなければならない
そういう覚語って自分にあるのだろうか

僕は自分の目指す道が正しい、というか、楽しいというか、
今の環境に置いては一番良いと思って生きてるけど
そういう環境においてでも続けるのだろうか

ああ、自分の生き方ってのは、職業ではないんだなって痛感した
「人の命以上に大切なものを認めない」っていう言葉が出て来るけど、
それは、そうだし、医者とか国境なき医師団とかすごいなって思うんだけど
「人の命を救う」ことが目的でいいのだろうか?っていう気もする
ある人は、金を儲けることが目的になってるし、国のために戦うことが目的になっている人もいる
ある人は、とにかく生きることが目的になってるし、
罪を償うとか、家族を捜すとか、そういうことが目的になっている人もいる
それと比べて、人の命を救う、よりよい社会を作るというのは崇高な目的かも知れない
けれど、それが最上だろうか?

人を殺す人も被害者だし、苦しんでいる一個の人間であることに代わりはない気がする
そんなことを考えながら、読んでました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。