スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キミにもできるスーパーエリートの受験術』有賀ゆう

スーパーエリートの受験術―キミにもできるスーパーエリートの受験術―キミにもできる
(1995/11)
有賀 ゆう

商品詳細を見る


幻の受験本「キミにもできるスーパーエリートの受験術」
1995年に出版されて以来、amazonでは常に品切れ、
ときどきYahooオークションで出品されるものの、
目のタマが飛び出るような価格がついている(常に数万という価格がつく)
2chなどでも未だに話題になっている
「ドラゴン桜」はこの本が本になっているのではないかと言われている。
要するに、「受験は要領」をトコトンまで具体化している。

合格術の5つの要素
その1 学習法(過去問、授業、模擬試験、などの利用の仕方)
その2 脳力の向上
その3 生活法
その4 各科目の具体的な学習法
その5 成功法(やる気と熱意、深層心理の活用法)

今日はその中から起床について

○朝、キチンと起きるには
これから紹介する「目覚まし時計の活用法」は、知り合いのスーパービジネスマンから
教わりました。彼は年中世界を飛び回っているのですが、この活用法を知ってから、
時差ボケに悩まされることがなくなったといっていました。

「活用法」といっても、とてもシンプルなものですので、ぜひ、実行してください。

それでは、まず、目覚まし時計を用意してください。
デジタル式ではなく長針と短針のついたアナログ式にしてください。
また、ピッピッピッという電子音のものよりは、ジリリリリというベル式のほうを
おすすめします。

そして目標起床時間にセット。

このとき「音」の確認をします。「ジリリリリー(あるいはピッピッピ)」という
音を聞きながら、「この音が鳴ったとき、起きるんだ」とつぶやきます。
また、同時に、時計の針が起床時間までぐるっと回る様子をイメージします。
「この針がここまできたとき、この音が鳴る。そのとき目が覚める」。
三回は声に出して、意識の中に浸透するようにつぶやきます。

することはこれだけです。これを、毎晩続けます。

この方法の原理はいたってカンタンです。「合格する睡眠術」のところでもう一度
説明しますが、心地よい目覚めというのは、本来、人間に備わっている体内時計に
よって起きなければえられません。

この活用法の革命的なところは、目覚めるために目覚まし時計を使うのではなく、
体内時計を調節するために目覚まし時計を使う、という点にあります。
この方法をとらないと、目覚まし時計はたんなる安眠妨害の道具にしかなりません。
それでは、さわやかな目覚めはありません。

実際、この活用法をキチンと守れば、たいていのひとは、一週間ほどでベルが鳴る前に
自然に目覚めるようになります。

(中略)

脳は、起きる時間をはっきりとインプットしておけば、自動的に目が覚めるばかりでなく、
きちんとそこで睡眠サイクルが完了するように自動調節してくれます。
「明日起きる時間は六時三十分、時間通りに目が覚める」としっかりインプットすれば、
きっちり、その時間に目が覚めるようになるのです。この体内時計はきわめて正確で、
「六時二十一分」と指定しても、ほとんどくるいなく起こしてくれます。

寝坊の原因は、あまりにくたびれているばあいはともかく、たいていはハッキリと
起床時間をインプットしないところにあるのです。

ですから、寝坊をするひとは、寝坊をしようと思ってしているに過ぎません。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。