スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラッカー『365の金言』

ドラッカー 365の金言ドラッカー 365の金言
(2005/12/02)
P.F.ドラッカー上田 惇生

商品詳細を見る


ピーター・ドラッカー(1909年11月19日-2005年11月11日)はオーストリア生まれの
経営学者・社会学者です。
「現代経営学」、あるいは「マネジメント」(management)の発明者と呼ばれています。
「民営化」や「知識労働者」は彼の造語で、後に世界中に広まりました。

今日は『ドラッカー365の金言』の中から。

わが社に特有の知識は何かとの問いほど、マネジメントをして自らを客観的、徹底的かつ
前向きに見つめさせるものはない。
いかなる組織といえども、多くの分野において卓越することはできない。
しかし、一つの分野において卓越することはできる。
成功するには、この一つの分野における卓越性に加えて、
多くの分野において並以上でなければならない。
                          (『創造する経営者』)


私の観察では、成果をあげる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする。
計画からもスタートしない。時間が何にとられているかを明らかにすることから
スタートする。次に、時間を管理すべく、自らの時間に対する非生産的な要求を退ける。
そして最後に、そうして得られた自由になる時間を大きくまとめる。
したがって、時間を記録する、整理する、まとめるの三段階にわたるプロセスが、
成果をあげるための時間管理の基本となる。
                           (『経営者の条件』)


プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
(2000/07)
P・F. ドラッカーPeter F. Drucker

商品詳細を見る


マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]
(2001/12/14)
P・F. ドラッカー上田 惇生

商品詳細を見る


ドラッカー名著集1 経営者の条件ドラッカー名著集1 経営者の条件
(2006/11/10)
P.F.ドラッカー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。